まもるシゴト

オーナー様の「資産をまもる」賃貸管理、もしもの時の事故から入居者様の「暮らしを守る」レキオス少額短期保険、困った!どうしよう?「日常生活のトラブルから生活を守る」レキオスホットライン。私達は、仕事を進める中から出てくる問題を課題として捉え、業種業態に縛られずに目的にこだわった事業展開をしています。

 

レキオス賃貸

レキオス賃貸

家主様の資産を「まもる」

■賃貸管理会社の役割
レキオス賃貸サポートセンターの役割は、オーナー様からお預かりした「所有資産対するリスクの最少化と、資産価値の最適化及び最大化」を目的として、レキオス倶楽部ネットワークと連携した商品・サービスの提案やグループの経営資源を活用してオーナー様の資産管理を総合的にサポートします。

続きを読む
■賃貸管理会社の業務
○入居者管理
入居者様からの様々な修繕依頼、トラブルやクレーム対応など。入居者様が「住んで良かった」と安心して生活ができる様に迅速丁寧な対応を心がけています。

○建物管理
退去後のクリーニング修繕、定期的な巡回清掃、設備管理などといった短中期のメンテナンスから、将来的にも安心・安全に住める建物として維持するための長期修繕計画策定のご提案も行っております。

○家賃管理
契約時に発生するお金の流れから月々の家賃の管理、滞納があった時の支払督促、退去時の敷金精算まで家主様に代わりお引き受けします。家賃保証事業の回収ノウハウを生かして自社管理物件の家賃回収率は99.8%という高い品質を誇ります。

○情報管理
管理委託契約、賃貸借契約、更新確認・再契約の手続きなど賃貸管理にかかわる情報全般をスムーズに処理が行える様に適正に管理しています。また、レキオスホットライン24を活用する事により、過去の入居者様からの問い合わせ内容や修繕履歴などをデータベース化でき、サービスの標準化やトラブル発生時の対応にも役立っています。

レキオス賃貸

レキオス賃貸

様々なリスクから「まもる」

■はじまりは共済会
賃貸住宅での生活に想定される様々なリスクから入居者様を守る幅広い補償を組み込んだ保険商品を提供するレキオス少額短期保険。2002年にレキオス倶楽部レキオス共済会として発足し、その後、保険業法改正に伴い2008年に沖縄県初の少額短期保険業者として登録されました。孤独死や地震災害などに対応する新たな補償や特約を追加するなど、社会変化や時代のニーズにお応えする事で「安心・安全」な暮らしをお届けする事を目指しています。

レキオス賃貸

レキオス賃貸

暮らしの安心を「まもる」

■24時間365日有人受付
水が出ない、電気が点かない、排水管が詰まったなど…日常生活においてトラブルがつきものです。 『結局どこにも連絡が取れず、どうする事もできなかった』という入居者様の声。『管理物件の夜間トラブルに対応はしたいのだけれど、様々な問題があり厳しい状況だ』という管理業者様の声。お部屋を貸す側と借りる側のそれぞれの不安や不満を解消するべく賃貸物件の様々な設備トラブルを24時間365日電話受付をするサービス“レキオスホットライン24 ”が誕生致しました。
設備トラブルだけではなく、時には「近所のおばあちゃん4,5日見てないけど」、「隣から子供の激しい泣き声が聞こえる』と言ったご近所の方の身を案じるお電話もあります。そんな時、画一的な受け答えをするのではなく、お客様の気持ちに寄り添った対応心がけています。

本社
那覇市おもろまち4-19-16 レキオスビル
TEL:(098)941-3355 FAX:(098)941-3191

会社案内