HOME › 2013 2 月
お知らせ

『第66回 レキオス倶楽部ビジネスネットワークセミナー』のご案内

【経営に役立つレキオスビジネスセミナー】

第66回 レキオス倶楽部ビジネスネットワークセミナー(2013.3)
2013年新春シリーズ(全3回) ~ソーシャルメディア時代の企業経営~
(最終回)第3回テーマ:ソーシャルメディアの可能性

これまでの講座では、ソーシャルメディアとマスメディアの違いや、各メディアの特徴、すぐに使える活用ポイントなどをお伝えしてまいりました。
そして次回は、ブランド強化やコスト削減、顧客満足度の向上などビジネスにおけるソーシャルメディアへの可能性と課題について、一緒に考えてみたいと思います。
シリーズ最数回!皆さまのご参加をお待ちしております☆

テーマ:ソーシャルメディア時代の企業経営

(最終回)第3回 ソーシャルメディアの可能性
講師:Shape Dream/代表(Webプロデューサー)大森瑠美子 氏
日時:3月19日(火)18:30受付 19:00スタート
会場:浦添産業振興センター 結の街 3F
国立劇場おきなわ向かい(浦添市勢理客4-13-1)
定員:40名(※定員に達し次第締切りとさせていただきます)
会費:レキオス倶楽部会員様は無料(非会員1,500円)

※レキオス倶楽部会員とは、年会費(1万2,000円)をお支払いいただきました倶楽部会員様が対象となります。
備考:セミナー参加にあたり、レキオスカードの提示が必要となります。すでにカードをお持ちの方は、カードをご持参ください。また、カードをお持ちでない方は、当日受付にて発行いたします。お気軽にスタッフへお申しつけください♪

【PDF】ダウンロードはコチラ↓↓↓
『第66回 レキオス倶楽部ビジネスネットワークセミナー』【PDF】
※セミナー参加をご希望のお客様は上記PDFの申込用紙をダウンロードして弊社までFaxにてお申込みいただくか、お電話にてお申込みを行なってください。

【講師画像】            【セミナー画像】          【懇親会画像】
201302e382bbe3839fe3838ae383bce8ac9be5b8abe794bbe5838f 201302e382bbe3839fe3838ae383bce585a8e4bd93e794bbe5838f 201302e382bbe3839fe3838ae383bce68787e8a6aae4bc9ae794bbe5838f
※過去開催したセミナー画像です。セミナーの雰囲気を感じてください。

セミナーのお知らせ『ためになる”光触媒”のお話』

【住宅産業に関わる皆さまへ】
知っているようで知らなかった
ためになる ”光触媒”
お話

光触媒研究に関して世界をリードする垰田博史(たおだひろし)先生を講師にセミナーを開催します
セミナーオススメポイントは
1.不動産業者様へ
子供を持つファミリー世帯に抗菌効果をアピール
2.医療機関様へ
光触媒の殺菌効果で清潔感をより一層アピール
3.建築・設計業者様へ
光触媒仕様の建材で健康住宅をアピール
4.施設運営者様には
子供達が安心して遊べる抗菌作用をアピール

などなど、色々な可能性を秘めている光触媒。
抗菌や殺菌などの効果、効能についてなんとなく知っているという方が大勢と思いますが、隅から隅まで知り尽くす、光触媒の権威である垰田先生がその詳細及び可能性を、直接講師として大いに語って頂きます。

<講師 ”垰田 博史(たおだひろし)”氏 プロフィール>
1977年の通産省入省以来、太陽エネルギー利用技術の研究に従事。特に太陽エネルギーの貯蔵(蓄熱技術)、二酸化炭素の還元、光触媒の研究を行っており、光触媒の研究は30年前の1983年から行い、独創的な光触媒の材料開発と応用展開・用途開発により日本のみならず世界の光触媒研究・開発をリードし、光触媒業界を先導してきた

[役職]
光触媒製品技術協議会 会長
光触媒工業会 顧問、特別会員
経済産業省 光触媒標準化委員会 委員
水質浄化性能分科会 分科会長
など

● 垰田先生が最近携わった主要研究
『経済産業省地域新生コンソーシアム研究開発事業、可視光光触媒の応用プロセス技術開発、共同研究者(1億1,000万円)』
『独立行政法人科学技術振興機構 育成研究、可視光応答高機能マスクメロン型光触媒とその応用住宅部材の開発、研究リーダー(1億2,000万円)』
など

【セミナー概要】
日 時: 2013年2月21日(木曜日) 17:00~18:00
場 所: レキオスおもろまち駅前ビル7階サロン
(那覇市真嘉比244-11)
講 師: 垰田 博史(たおだ ひろし)工学博士
受講料: 無料
定 員: 30名(※定員に達し次第締切とさせて頂きます)

PDF資料は下記をクリック
↓↓↓
【ためになる“光触媒”のお話】.pdf

このページの先頭へ